侃侃諤諤とは 侃々諤々読む

侃侃諤諤とは 侃々諤々読む。。侃々諤々読む 侃侃諤諤とは。兆民文集‐〈中江兆民〉「喉頭の筋を張りて侃々諤々抗議するよりも
」 出典 精選版 日本国語大辞典精選十年前二十年前には。まだかんかん
がくがくの議論が。きかれた[菊池寛*話の屑籠|] [使用例] 病理の大河内
教授が侃侃諤諤かんかんがくがくの意味?使い方。出典 「侃侃」は『論語ろんご』郷党きょうとう。「諤諤」は『史記しき』商君伝
しょうくんでん; 句例 侃々諤々と議論を戦わす; 用例 好戦論者の。侃々諤々の論
の前には。いつも。非戦論者の意気は。揚あがらないものだ。舟橋聖一?花の
生涯; 類語 諤諤之臣がくがくのしん英会話コラム拒否権 「拒否権
」のことを。英語で「 」「 」や「」と言う記事を読む

四字熟語侃々諤々。四字熟語侃々諤々 ,
, , ,「侃々諤々」の意味と使い方を解説。次に意味ですが。まず「侃々諤々かんかんがくがく」の漢字を確認して
いきましょう。いろいろと遠慮したり。空気を読むばかりだったり。目立つの
を恐れる参加者ばかりだと。「侃々諤々の議論」にはなりそうにないみんなの知識。侃侃諤諤/侃々諤々』の一覧です。かんかんがくがく 作家青空文庫で読む
内田魯庵 二葉亭四迷の一生 その頃二葉亭は既に東亜の形勢を観望して遠大
の志を立て。他日の極東の風雲を予期して舞台の役者の一人となろうとしていた
。「侃侃諤諤」かんかんがくがくの意味。「侃々諤々」とも書き。「侃諤」と略すこともある。 出典, 『論語』「郷党」,『
史記』「商君伝」 別表記, 侃々諤々かんかんがくがく

「侃々諤々」とは何と読む。侃々諤々」とは「かんかんがくがく」と読み。議論を交わす様。正々堂々と主張
する様。といった意味になるのだそうです。ちなみに「けんけんがくがく」とは
「喧々諤々」と記述して。大勢の人がガヤガヤして騒がしい自在生活ノススメ。この「けんけんがくがく」ということばは。「侃々諤々かんかんがくがく」
と「喧々囂々けんけんごうごう」のこのことばは「やまい。こうこうに
いる」と読むのが本来正しいのだが。「こうもう」と誤読されたのが一般化し。侃々諤々。似ている四字熟語に注意 「侃々諤々」に似ている四字熟語で。「喧々囂々」
これは「けんけんごうごう」と読むことができ。「侃々諤々」とはニュアンスが

「侃々諤々」ってなんて読む。侃々諤々」というのは。四字熟語だということはもうわかりますよね?ですが。
日常的にあまり見かけることのない難しい漢字です…。そんな難読漢字の四字
熟語「侃々諤々」は。「かんかんがくがく」と読むことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です