どうして神は 神や仏なぜ天災起こされるのか

どうして神は 神や仏なぜ天災起こされるのか。神は全知全能ではない、不完全なこの世を築き上げ、人々は命のリレーに苦労している。神や仏、なぜ天災起こされるのか 真面目生きててバカ見 なぜ神は。なぜ神は。地震。ハリケーン。津波などの自然災害が起こるのを許されるのです
か?民数記6。30-34では。神はときに罪の裁きとして自然災害を起こさ
れることがあることを示しています。黙示録には。確かに自然災害であると
理解できないのは。なぜ神がそれを許されるのかということです。なぜ神は。
アジア日本の妖怪と神仏―妖怪文化にみる日本人の宗教意識―。この存在が信仰の対象となれば「神」と呼ばれますが。しかし。不思議な現象は
起こすけれども目立った信仰の対象とは現代であれば。子どものいうこと
として誰も信じないと思うのですが。江戸後期には。なぜかこれを信じ込んで
しまう篤胤は。どうしたら。こうした知識を整理して世の人々に正しく伝え
られるだろうかと本気で考え。探求していました。というよりは。すでに江戸
後期の時点で。江戸の町人すべてが神や仏を深く信じていたとか。あるいは妖怪
を怖れていた

どうして神は。なぜ神様は。このような悲劇を許しておられるのでしょうか。太陽や月や星は
。自然法則に従って秩序正しく動いています。地球も個々の災害に関して。
なぜ神がこの悲劇を止めないのか。私たちには分かりません。震災に寄せての宗教者の発言は人々の心を救えたか。そうした人々に向けて。宗教者はどのようなメッセージを発したのか。宗教記事
データベースを利用して集めて天譴論は。「天が堕落した社会を改善するため
に災害を起こしてくれた」という「天恵論」や「天佑論」ともの際に物質的な
復興よりも勤勉さや品行方正な生き方を奨励することや。被災者が神仏に祈る
態度に見られる。阪神大震災当時。神戸の修道院にいて避難民の対応に当たっ
た高木慶子は。当時のことを「『神や仏はなぜそうなったのか。

神と仏/異同を考える。各人の宗教観?人生観により各人各様だろうが。私は次のように考えている。
日本列島には有史以前から。地震?台風?津波?火山の噴火などの自然災害が
あった。 人間が住

神は全知全能ではない、不完全なこの世を築き上げ、人々は命のリレーに苦労している。絶対的善はありませんが、絶対的悪はあります。天災や病気や犯罪等で幼子が命を落とすのは悪であり、憎むべきものであります。全知全能の神が悪を許すなど考えられません。しかし、悪はあり続け人々を苦しめてます。悪の存在からも全知全能の神は否定されます。バカ=盲目、路に迷って天国にたどり着けない者を目覚めさせて,道が判るようにするために宗教があり、天災も人災も人を目覚めさせる為の注意、警告、指導で、一切は親の愛の現れです。バカ=スチューピット、主に忠義であれば幸せになれるものを、ピットイン錨を上げない=苗を育てないして舟を出さないので彼岸天国に渡れない。真面目=真に直面して目を開ける。真=六謀→目七八九=那の菜→開智→究明→十人間を卆業してテンにトウ達する漢字は神示で、懇切丁寧に指導されています。天地一切神の声、よくなる仕組みあるのみ=神は悲戒を与え給わず、因果応報の絶対公平の世界、神と人の約束は絶対です。漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ災害は人間にとって不幸かもしれませんが、自然界にとっては意味があるといわれます。たとえば、洪水で、土壌の不潔な部分が流され、良い土が入るとか、山火事で灰ができて土壌に栄養が入るとか…天災は自然災害です。宇宙の法則に従って起こっています。神仏が起こしているわけではありません。でも神仏を信じることによって、被害を最小限にすることは可能です。神の被害者になるのではなく神になって自己原因となってください。天災が怖けりゃ自分でコントロールしてください。この世をコントロールしてください。神になってください。神様は、悪いことをするから、災いを起こすのです。信心の厚い人、信心の薄い人、無宗教の人、これらを比べれば、無宗教の人、信心の薄い人の順番で、災いが起こります。お解りいただけましたでしょうか。以上、参考になれば。天災って何ですかね?天災と言うものが存在するわけじゃありませんよね。ただ地球や自然の営みが、人間に都合が悪いというだけで天災だと言っているだけでしょ。人が全く居ないような場所で何ら二減に影響を及ぼすことなく起きていることは天災とは言いません。ですから神仏が天災を起こしているわけじゃなく、自然の営みが人間にとって悪影響を及ぼしたときを天災と呼んでいるに過ぎないのです。だから自然の営みを素早くキャッチして大きな被害に遭わないようにすればいいだけの話です。神仏が天災を起こしているわけじゃないよ。天災は自然現象が引き起こしているよ。神仏は何故、糞親に殴り殺されそうな子供を助けないのか?神仏は何故、人に迷惑ばかり掛ける糞みたいな奴をのさばらしているんだろうか?それは、神仏が実在していないからだよ。実在しない神仏が、天災を引き起こすことは出来ない。実在しない神仏が、天誅を下すことは出来ない。それだけ。科学を知らない昔の人が「神のせい」にしたのです。昔の人々の考え方が、現代の科学の考え方と矛盾していても、どこにも不都合はありません。むしろ、そのほうが当然でしょう。旧約聖書の神もギリシャ神話の神も日本神話の神も同じようなものです。自己中心的なテロや虐殺、詐欺のオンパレード。一貫性は無いし信賞必罰なんてかけらもない。神が加害者側に立っている方がずっと多い。祀らないと祟りをおこす。縁起かつぎの人が、「先祖がかくかくしかじかのことをした罰ですよ」とか「それは君の身内の悪行の報いなのです」とか言ったりするのと同じ。そういう、その場その場のしのぎの思い付きを、後から絡めてまとめてなんか神の意思と行為ってことで押し通そうとしているのです。●知花敏彦氏の言葉↓「いろいろのところで”天変地異”が起こっているんでしょ。”異常気象”が起こっているんでしょ。そういうのも、われわれ人間、一人一人の精神状態を現わしてるんじゃないですか。違いますか?そういうところも踏まえて、じゃあこの異常気象とか、地震とか、そういうものも、天災ですか、人災ですか?人災ですよ。天災なんてないですよ。天はバランスですから、天災であるはずがないですよ。そういうバランスを崩したのは、人間じゃありませんか。」●上江洲義秀氏の言葉↓「この災害を天災、あるいは偶然と片付けている方々がおります。天を知らぬ者がどうして天災などと言えましょうか?天とは神の無限として完全意識が天であることを理解できるならば、はたして天は、我々に災害をもたらすことがあるでしょうか? 或は災難をもたらすことがあるでしょうか?天災、なんの天災かと。天は神の完全意識であることを知らねばなりません。じゃ神の完全意識は常にあなたがたを愛し、常に見守っていることが天であることを知ってもらいたい。じゃ天災でなければ何なのか? あるいは偶然でなければ何なのかと言います。この宇宙に一点だって偶然が存在するなら、神の創造は完全ではありません。なにゆえに神の創造は完全なのか? 一点の狂いのない、無限の法則の中に万物は創造され生かされていることを理解してもらいたい。ならば、天災でなければ、何なのかと聞かれます。動物や鉱物、植物が、天変地異、天候異変を引き起こしているのではないのだと。或は、今、岩波さんが言われたように、母なる大地が勝手にそのような現象を引き起こしているのではないんだと。だから地球を変えていくのは、動物や植物、鉱物ではないんだと。美しくこの地球を立て直し、美しい地球建設へ導けるのは、万物の霊長たる人間といつもわたしは話して参りました。ライオンが象が、草原をかけめぐることはできても、地球を変えることはできぬと言います。花は美しく咲きほこることはできても、地球を変えることはできぬと。雨は地表を洗い流すことはできても、地球を変えることはできません。じゃ、地球を変えることができるのは誰なのか? 美しい地球を建設することができるのは誰なのか? これこそ万物の霊長として、今、生かされている我々一人一人であることを知ってもらいたい。じゃ、この今のように、さまざな破壊的な現象を起こさせているのは誰なのか? それが人間であるならば、人災ということを知らねばなりません。だからこそ、人間の心が愛に満たされ生きることができぬかぎり、今の現象は続いていくだろうと。いつこの現象の世界から、戦争、テロ、今のような災難や災害がいつ止むのかと聞かれます。それは、あなたがた次第と言います。あなたがたが真の自分が何たるかに目覚め生きるまで続くでしょうと。」原因は人間の怒りや憎しみ不平不満など負の要素が天災に影響してます、火山の噴火はそのまま人間の怒りのパワーが集積されて起きてます、社会がストレスであればあるほど天災は規模を大きくさせます。神様や仏様は見守るしか方法はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です