『画竜点睛』 武帝仏寺崇飾する多く僧繇命じて之画かむ?の

『画竜点睛』 武帝仏寺崇飾する多く僧繇命じて之画かむ?の。漢文に「之」は「これ」と同じです。漢文の画竜点睛で (武帝、仏寺崇飾する、多く僧繇命じて之画かむ)?の「之」ってどうゆう意味か 画竜点睛。武帝仏寺ぶていぶつじを 崇飾すうしょくするに。多くを僧繇に命じ
て之を画かしむ。 金陵の安楽寺の四白竜は。 眼睛がんせいを点ぜず。 毎画竜点睛の書き下し文&現代語訳。画竜点睛 ~よくできていても。肝心なところが欠けているために。完全とはいえ
ないこと~ 張僧繇。呉中人也。武帝崇飾仏寺。多命僧繇画之。金陵安楽寺四白龍
。不點眼睛。毎云。點睛即飛去。人以爲妄誕。固請點之。No。武帝。仏寺を崇飾ソウショクするに。多く僧繇に命じて之を画えがか
しむ。金陵キンリョウ。今の南京市の安楽寺の四白竜シハクリュウは。
眼睛ガンセイを点テンぜず

『画竜点睛』。ています。 この故事は。「最後の仕上げが不十分で肝心なところが欠けている
ため完全とはいえない」を意味する「画竜点睛多命僧繇画之。 武帝仏寺を崇
飾すうしょくし。多く僧繇に命じて之を画ゑがかしむ。漢文。訓読?書き下しひらがなに直す漢字が何かわかりません漢文ですなわち。
と読むときの乃は書き下し文にするときは句法は全然覚えて書き下し文に
直せるのですが 意味がまったくとれません。武帝崇飾仏寺。多命僧繇画之。
漢文で「乃ち」というじが出てきたんですがこれは「即ち」とはどう違うんで
すか?Full。はか ご ろくち ゆう ほ そ 語耍 を宽錄 したる ものにして。 其の 機鋒の 峭峻
なると 文章の 典雅なる と は。 關山派 下の 語錄土地 堂な リ。 土地 神 及び
護法 神 舉祀 する 堂な り。 蘇 東 坡は老 ^ の 子。 其の 悟 後 の谒に 曰く。 「
腐 山ほ, あ ** ん どフ ; – フ – フ ぶつ にら か ? 凡に 在って は 凡に
同じ。 杖 頭に 佛 を褐亇 ら まんざ ク た し 羅是 れに繇 み あるひ はち じ
っしゃ, ら しき あるひ ひゃく い し えい や に し くわち- なんく わ しょ- づて
之れ を觀

画竜点睛:意味?原文?書き下し文?注釈。画竜点睛」の意味?原文?書き下し文?注釈を掲載。張僧繇 … 南北朝時代の
梁の画家。生没年未詳。 呉中 … 今の江蘇省蘇州市一帯。 武帝崇飾仏寺。多命僧
繇画之。めいじて~しむ」と使役に読み。「命令して~させる」と訳す。
いう」と読み。「~という」と訳す。之 … 「瞳」を指す。 請 … 「~をこう」
と読み。「~をお願いする」「~を頼む」と訳す。 須臾雷電破壁。両龍乗雲。騰
去画竜点睛。画竜点睛を欠く」とは。「ものごとの最も肝要なところがまだなされていない」
という意味です。 「歴代名画記」の次のような逸話武帝崇飾仏寺。多命僧繇画
之。 武帝仏寺を崇飾するに。多く僧繇に命じて之に画かしむ。

画竜点睛歴代名画記。今回は。故事成語「画竜点睛」の白文原文。訓読文。書き下し文。現代語訳
口語訳?意味。読み方ひらがな。語句?文法?句法武帝崇飾仏寺。多
命僧繇画之。《書》 武帝仏寺を崇飾するに。多く僧繇に命じて之に画かしむ。

漢文に「之」は「これ」と同じです。文脈によるとは、仏寺の崇飾を意味するとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です